株式会社T-ONE

飲食店の最近の悩みとは…?

お問い合わせはこちら

飲食店の最近の悩みとは…?

飲食店の最近の悩みとは…?

2024/03/15

皆さんこんにちは!

今回は、飲食店のお悩みについて書きたいと思います。

最近、飲食店経営者として直面している課題に、新札対応とキャッシュレス化への対応があります。

これらの変化は飲食業界にとって大きな影響をもたらし、適切な対策を講じる必要があります。

新札対応

~飲食店の嘆き~

2024年7月3日~新紙幣が発行されることはご存じでしょうか?

新紙幣発行にあたり、飲食店の悩みとして

「新札対応機器に切り替えが必要」という大きな壁があります。

なぜ大きな壁かと言いますと、、

 

「物価高騰の中での券売機更新費用が高すぎる!!」

 

先程もお伝えしたとおり、2024年7月〜新紙幣発行に伴い、券売機などの更新が必要となっております。

新紙幣対応機器に更新するだけでも、最低でも数十万〜といった飲食店にとっては大きなコストとなってしまいます。

 

今後の新札対応だけではなく、

2023年10月〜始まったインボイス(適格請求書)制度に対応した会計ソフトなどの導入や

2021年11月〜発行されている500円硬貨についての対応だったりと

次から次へと政治的変化・経済的変化により飲食店が対応できなくなってきています。

 

そのため、機器をアップデートしてもまたすぐに新たなアップデートが必要になり、物価上昇と合わせて店舗を維持するだけでも苦しい!という飲食店が多いのが現状です。

 

特に、券売機を使用しているラーメン屋は簡単に安く食べれるからこそ、回転率を重視して多くの人に利用してもらえています。

でも、ここ数年の物価上昇によって安価で簡単に食べれていたラーメンも、安価で食べれ無くなってきており、尚且つキャッシュレス対応や新札・新硬貨に対応していないことによりお客さんが入りづらくなる等、お店としてもお客さんのとしても苦しい状況です。

 

これを見据えて地域によっては補助金が出たりなど工夫はされていますが、店舗を持っている方にとっては苦しい状況です。

キャッシュレス化

キャッシュレス化の飲食店の課題

新札対応と同様に飲食店はキャッシュレス対応にも頭をかかえております。

理由としては、こちらもコストの面で対応しきれないデメリット(手数料等)があるなど理由は様々あるかと思います。

 

それでもコロナが終息し、インバウンドも増えた今、キャッシュレス化が必須となってきています。

キャッシュレスについてはこちらをご参照ください。

まだまだ現金信仰が強い日本ですが、キャッシュレス化が進んでいるのは、間違いありません。

 

キャッシュレス化にするメリットとしては主に外国人観光客の獲得です。

皆さんも生活していて外国の方を見かけるようになったと思います。

特に、「中国」「韓国」の日本訪問客が多いですよね。

 

【2023日本訪問外国人観光客】

1位 韓国

2位 中国・台湾 

となっております。

 

そして、【世界でキャッシュレス化が進んでいる国】もなんと、、

1位 韓国

2位 中国  

となっております。

 

今後も上記訪問データのまま行くと、インバウンドに対応するにはキャッシュレス化は無視できないかと思います。

今までキャッシュレスについて考えてなかった方もこの機に「キャッシュレス化」を考えてみるとよいでしょう。

 

そして「完全キャッシュレス化」というのものよいかと思います。

現在、「クレジットカード」「スマートフォン」どちらかは大半の方が持っているかと思います。

基本的に、キャッシュレスはどちらかがあれば支払いが完了するシステムです。

そのため、特に都市部や若年層が集まる場所では、「完全キャッシュレス化」に取り組むことも売上アップに繋がるかもしれません。

※最近は現金を使用せず、スマートフォンで決済を完了する若者が増加しております。

 

完全キャッシュレス化にすることにより、

・大幅な人件費削減

・顧客が現金を気にする必要がなくなるため、客単価のアップ

・お店側として、お釣りの準備が不要 など

デメリットを上回るメリットが生まれるでしょう。

上記二つの問題解決として

IT導入補助金を利用して手出しを少なくして導入するという方法がございます!

補助金をうまく活用することでコスト面や信用性の面で賢く最新機種を導入することが可能です。

 

弊社にて補助金を利用して導入可能な機種を一部ご紹介いたします。

かんたん注文

キャッシュレス化

決済サービスやデリバリーなど連携可能でキャッシュレス化できることはもちろんですが、売上管理・分析可能、人手不足解消、オーダーミス削減、多言語対応など 様々な機能とメリットがございます。

導入いただいた店舗さんより

「研修時間も大幅に軽減できましたし、今どのくらいお店にお客様がいて、何がどれだけ売れているか家でもどこでも確認できるのが非常に便利です。」とのお声もいただいております。

券売機(Smooder)

キャッシュレス化

キャッシュレス専用のタッチパネル式券売機となっております。

クラウドで売上管理が可能で、簡単にメニュー変更も可能となっております。

 

見た目も、スマートで最近とても人気のあるモデルとなっております。

デジタル化が進んでいる中で、スマートフォンを扱っている様な感覚で注文を行うことができるためスムーズに注文できます。

 

また、QRや番号でクーポンなどの割引対応を装備しております。

 

※キャッシュレス専用券売機ですが、釣り銭機を付けることも可能です。

券売機(KB-272EXシリーズ)

新札対応・キャッシュレス化

なんとこちらの券売機は「新札対応」「キャッシュレス化」どちらも対応可能券売機となっております!

最大72個のボタンを設置することができ、オンライン通信にも対応しております。

 

また、券売機で高額紙幣は対応していないものも沢山ありますが、KB-272EXシリーズは高額紙幣までも対応可能で、万能券売機といえるでしょう。

 

ボタン式券売機がいい方は、こちらのKB-272EXシリーズをおすすめいたします!

 

 

店舗によっては、オーダーシステムや券売機などこだわりがあるかと思いますが、

新札対応をしなければならない今、買い換えることも考えてみてはいかがでしょうか?smiley

 

現在のシステムをアップデートするにも多額のコストがかかりますが、

弊社にお任せいただければ少しでも手出しを少なく対応できる方法のご提案が可能です!

お客様に寄り添い、それぞれに合ったご提案をさせていただきます。

 

プロの我々にお任せください!

 

少しでも内容が気になる方はお気軽に

お問い合わせフォーム / お電話(092-600-1238)よりご連絡ください!


【次回予告】

福利厚生第2弾の紹介となっております!

また次回お会いしましょう!

----------------------------------------------------------------------
株式会社T-ONE

福岡県福岡市中央区赤坂1丁目7-10

リアン赤坂2F.3F.7F

電話番号:092-600-1238
 


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。